【対象=簿記論】

(問題)
下記の資料に基づき、解答欄に示す当期(×2年4月1日から×3年3月31日までの1年間)の貸借対照表または損益計算書に記載される各勘定の金額を答えなさい。
なお、為替差損益は当該債券から生じる金額のみであるものとする。

(資料1)決算整理前残高試算表
【借方】投資有価証券207,230
【貸方】有価証券利息 5,450

(資料2)決算整理事項等
決算整理前残高試算表の投資有価証券は全額×1年10月1日に外国企業であるA社が発行した社債(満期保有目的)を発行と同時に額面金額2,000ドルを1,950ドルで取得したものである。
満期日は×6年9月30日、利払日は3月、9月の各末日、クーポン利率は年5%である。
額面金額と取得価額の差額はすべて金利調整差額であるため、定額法による償却原価法を採用すること。
なお、3月末日に必要な処理のすべてを失念している。
×3年3月31日の直物為替相場は1ドルあたり108円であり、×2年4月1日から×3年3月31日の平均為替相場は1ドルあたり110円であった。

(解答欄)
投資有価証券(     )円
有価証券利息(     )円
為替差益  (     )円

(解答)
投資有価証券(  212,220)円
有価証券利息(   11,950)円
為替差益   (   3,890)円

(解説)
(1)クーポン利息の処理
(借)現金5,400 (貸)有価証券利息5,400
※2,000ドル×5%×6月/12月×108円=5,400円

(2)償却額の算定
(借)投資有価証券1,100 (貸)有価証券利息1,100
(2,000ドル−1,950ドル)×12月/60月×期中平均相場110円=1,100円

(3)為替差損益
(借)投資有価証券3,890 (貸)為替差損益3,890
(ア)207,230円+1,100円=208,330円
(イ)(2,000ドル−1,950ドル)×6月/60月=5ドル(前期末償却額)
(ウ)(1,950ドル+5ドル+10ドル)×108円=212,220円(貸借対照表価額)
(エ)212,220円−208,330円=3,890円

(関連記事)
外貨建有価証券の換算と償却原価法