【対象=簿記論】

(問題)
以下の文章の正否を○×の符号で示しなさい。
なお、正否の判断にあたっては、特に指示のない限り、「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準」に準拠するものとする。

(1)利益準備金の取崩額は、損益計算書の末尾に利益準備金取崩額として表示される。

(2)中間配当額及び中間配当に伴う利益準備金の計上額は、損益計算書に表示される。

(3)繰越利益剰余金による自己株式の消却額は、損益計算書の末尾に表示される。

(4)自己株式処分差損は、貸借対照表上その他資本剰余金のマイナス項目として表示される。

(5)自己株式処分差益は、その他資本剰余金に該当する。

(6)その他資本剰余金の処分による配当を受けた場合には、原則として有価証券の帳簿価額を減額する処理を行う。

(7)その他資本剰余金の処分による配当を受けた場合には、原則として有価証券の帳簿価額を減額する処理を行うが、所有株式が売買目的有価証券である場合には、有価証券運用損益(受取配当金)として処理する。

(8)任意積立金の目的外取崩額は、損益計算書の末尾に表示される。

(9)配当平均積立金及び欠損填補積立金の取崩額が損益計算書に表示されることはない。

(10)任意積立金の取崩額は、常に損益計算書に表示される。

(解答)
(1)×
(2)×
(3)×
(4)×
(5)○
(6)○
(7)○
(8)×
(9)○
(10)×


(解説)
(1)利益準備金の取崩額が損益計算書に表示されることはありません。

(2)中間配当額及び中間配当に伴う利益準備金の計上額が損益計算書に計上されることはありません。

(3)自己株式の消却額は、その他資本剰余金から減額します。

(4)自己株式処分差損は、その他資本剰余金から減額します。

(8)任意積立金の取崩額が損益計算書に記載されることはありません。

(10)任意積立金の取崩額が損益計算書に記載されることはありません。