以前、概念フレームワーク(正式名称は、討議資料「財務会計の概念フレームワーク」)をご紹介しました(「概念フレームワーク(1)〜(3)」。
概念フレームワークでは、従来の「実現」概念に代えて、「リスクからの解放」という考え方がとられています。
解説書等を読みますと言葉の言い換えに近いようですが、言葉を変更した以上、理由はあるのでしょう。
そのことを考える前に、まず、従来の実現とは一体どのようなものであったのかを考えてみたいと思います。

とっかかりとして、企業会計原則の規定をみてみましょう。
以前にご紹介した「損益計算書原則一A」は、次のように規定しています。
「すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない。」
支出・収入の発生期間への費用・収益としての割当を規定したのが、損益計算書原則一Aです。

損益計算書原則一Aでは、上記に続けて、次のように述べています。
「ただし、未実現収益は、原則として、当期の損益計算に計上してはならない。」

つまり、収益については、実現したもののみを計上することになる訳です。
それでは、実現とは、一体、何を意味するのでしょうか。
企業会計原則の規定だけでは、未実現の収益は計上しない、あるいは、実現収益を計上するということはわかっても、実現・実現主義が何なのかは、よくわかりません。

その他に、企業会計原則で、実現(主義)に関する規定としては、損益計算書原則三Bがあります。
損益計算書原則三Bでは、次のように述べています。
「売上高は、実現主義の原則に従い、商品等の販売又は役務の給付によって実現したものに限る。」

ここでは、「収益」ではなく、収益の一部の「売上高」になっています。
しかも、「実現主義の原則に従い」ということですから、どうやらこの規定でも、「実現」や「実現主義」が、何なのかははっきりとはわからないようです。

以上をまとめますと、企業会計原則から「実現」ないしは「実現主義」が何なのかは、必ずしもよくわからないことがわかります(なんじゃそりゃ)。

実現とは何か(2)へ