【対象=3級以上】

(問題)
次の一連の取引の結果生ずる有価証券に関する損益の金額(売却損益と保有損益の合計額)として正しいものを選びなさい。

答えは、書くのではなく、口頭で。
後ほど「記憶」と「解答」を照合してください。
では、時間をはかって、スタートです。





(取引)
(1)1株2,500円でA株式2株を売買目的で購入した。
 購入手数料は100円である。

(2)上記A株式のうち1株を3,000円で売却した。

(3)決算をむかえた。
 A株式の時価は2,000円であった。

(解答)
(1)利益100
(2)利益150
(3)損失100
(4)損失150
(5)0

(解答)
(3)損失100

(判定)
1分以内 → 万年筆
3分以内 → ボールペン
5分以内 → 鉛筆
5分超   → 鉛筆の芯
間違えた方は、もう一度、復習しましょう。

(解説)
一連の処理は次のとおりです。

(1)(借)売買目的有価証券5,100 (貸)現金預金5,100
(2)(借)現金預金 3,000 (貸)売買目的有価証券2,550
                     有価証券運用損益  450
(3)有価証券運用損益550    売買目的有価証券  550

したがって、有価証券運用損益の借方残高100(損失)が解答になります。
(1)において、購入手数料を取得原価に含めるのがポイントになります。