【対象=2級以上】

(問題)

当社は、かねてからA銀行と借越限度額500万円の当座借越契約を締結しており、以下の取引を行う以前の当座預金出納帳残高は、60万円であった。

二勘定制を採用している場合の下記の一連の取引の仕訳を示しなさい。

(1)A商店より商品100万円を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。

(2)当座預金口座に現金200万円を預け入れた。

(解答)【単位:万円】
(1)(借)仕  入100 (貸)当座預金 60
               当座借越 40
(2)(借)当座借越 40 (貸)現  金200
      当座預金160



(許容勘定科目等)

(1)の貸方科目、(2)の借方科目の順序は問わない。


(解説)

本問における一勘定制の処理は以下のとおりです。

(1)(借)仕  入100 (貸)当  座100

(2)(借)当  座200 (貸)現  金200

なお、この場合、勘定科目名として相応しい訳ではありませんが、当座預金勘定を使う場合があります。