(問題)

次の取引の仕訳を示しなさい。

A株式会社は、取締役会の決議により現物出資による新株発行を行い株式500株を@1万円で発行した。

現物出資の対象となった土地の公正評価額は500万円である。

なお、資本金組入額は、会社法に規定する最高額とする。

(解答)【単位:万円】
(借)土  地500 (貸)資本金500


(許容勘定科目等)

特になし


(解説)
本問では、土地の評価額は500万円です。

発行価額が、500株×@1万円であることは、現物出資とはかかわりなく、問題文から読めるでしょう。

なお、資本金組入額が会社法規定の「最高額」となっています(←ごめんなさい)。

現実の出題としては、かなり考えにくいですが、問題をきちんと読む習慣は必要でしょう。

会社法に規定する最低額との指示があった場合には、次のとおりです。

(借)土  地500 (貸)資  本  金       250
              資本準備金(株式払込剰余金)250



【関連記事】
有形固定資産の取得原価