次の資料から当期の売上原価の金額として正しい金額を算出しなさい。

答えは、書くのではなく、口頭で。

後ほど「記憶」と「解答」を照合してください。

では、時間をはかって、スタートです。





(問題)
(1)期首商品棚卸高        100
(2)当期商品仕入高(購入代価)700
(3)同上にかかる諸掛         50
(4)当期売上高         1,000
(5)同上にかかる諸掛        50
(6)期末商品棚卸高(適正額)  200

(解答)
650


(判定)

15秒以内 → 横綱

30秒以内 → 大関

45秒以内 → 関脇

45秒超   → 幕下

間違えた方は、その項目について、もう一度、復習しましょう。


(解説)
売上原価は、次のように算出されます。

売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高−期末商品棚卸高

仕入時の付随費用は、当期商品仕入高に含みます。

なお、付随費用の含まれない仕入高を購入代価(送り状価額)といいます。

売上時の付随費用は、先方負担であれば、売掛金(立替金)勘定で処理し、当方負担であれば、費用(発送費等)として処理します。

本問では、期首商品棚卸高100+当期商品仕入高(購入代価)700+付随費用50−期末商品棚卸高200=650が売上原価です。