(問題)

次の取引の仕訳を示しなさい。

株式会社Aは、会社設立にあたり株式1,000株を@20,000円で発行し、全額の払込を受け、払込金は当座預金に預入れた。

(解答)
(借)当座預金20,000,000 (貸)資本金20,000,000


(許容勘定科目等)
特になし


(解説)

やや指示不足の感のある出題です。

資本金計上額についての指示がありません。

指示がないことは、実際の出題では考えにくいことですが、万が一、出題された場合は、原則的な処理で対応すべきでしょう。


会社法上は、払込金額の全額を資本とするのが原則的であり、2分の1を資本に組入れないことができます。

資本金計上について、何ら指示がない場合は、全額を資本金とすべきでしょう。

なお、会社法上、最低額を資本に組入れるとの条件がついた場合は、次の処理となります。

(借)当座預金20,000,000 (貸)資 本 金10,000,000
                     資本準備金10,000,000


(関連記事)
増資の会計処理