【退職給付引当金の設定】

退職給付引当金の設定時の仕訳は、次のとおりです。


(借)退職給付費用××× (貸)退職給付引当金×××


やや、正確性を欠きますが、この仕訳は、


(借)退職金××× (貸)現金預金×××


という将来の退職金の支給を先取りしたものです。

実際に現金預金を払ってませんので、


(借)退職金(費用)××× (貸)未払金(負債)×××


をイメージするとよいでしょう。



【退職給付引当金の設定の根拠】

3年後に退職金300万を支払う。


(1)1〜2年目 仕訳なし

(2)3年目    退職金300万 現金預金300万


とやるよりも(3年目がちとインチキくさいですが)、


(1)1年目 退職給付費用100万 退職給付引当金100万

(2)2年目 退職給付費用100万 退職給付引当金100万

(2)3年目 退職給付費用100万 退職給付引当金100万
         退職給付引当金300万 現金預金300万



こうやった方が合理的ではないのか?

これが退職給付引当金(引当金全般)の考え方です。



【退職給付引当金(貸借対照表の考え方)】

退職給付引当金でわかりにくいのは、現在価値の考え方でしょう。

とりあえず、それを除いたところで、退職給付引当金の仕組みを考えましょう。

まずは、貸借対照表項目(退職給付引当金そのもの)です。


退職給付引当金=退職給付債務-年金資産


「退職給付債務」は、未払の退職金です。

「年金資産」は、退職金にあてるための準備預金のようなものです。

退職給付債務(未払退職金)が300あるけど、年金資産(準備預金)が100あれば、実際の退職給付引当金(未払退職金)は300ー100=200でいいです。

つまり、純額です。

純額の負債、いわば「純負債」です。

退職給付債務を負債として計上し、年金資産を資産として計上するというのも考え方(あくまでも考え方)としてはあるでしょう。

しかし、現行は、どうせ年金資産は、退職金の支払にしかあてられないので、差し引いて、純額で示しています。

考え方としては、

退職給付債務(負債)300
年金資産(資産)  100

というのも考えられなくはないけど、

退職給付債務(負債)300 ー 年金資産(負債のマイナス)100
=退職給付引当金200

とした訳です。


【退職給付費用(損益計算書の考え方)】

退職給付費用(退職給付引当金繰入)は、

勤務費用 + 利息費用 ー 期待運用収益

で計算されます。

退職給付引当金を退職給付債務と年金資産を相殺して純額で示したように、損益(費用と収益)の側も関連する項目の純額です。

「勤務費用」は、退職金の本体部分に相当します。

退職金は、従業員の給料の後払いであり、その先取りです。

もちろん費用です。

退職給付引当金 = 退職給付債務 ー 年金資産

この退職給付債務はいわば未払退職金でしたが、これに利息がつくと考えた場合の利息が「利息費用」です。

これももちろん費用です。

「期待運用収益」は、年金資産(準備預金)につく利息等です。

もともとは年金資産は、資産だから、銀行に預けているのと同様に利息等の収益が生じます。
これは、退職給付費用の計算上、マイナス(費用のマイナス)します。



(まとめ)
【貸借対照表関係】退職給付引当金=退職給付債務ー年金資産

【損益計算書関係】退職給付費用=勤務費用+利息費用ー期待運用収益額




税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧