(問題)

以下の資料により、決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)決算整理前残高試算表

【借方】
繰越商品200
仕  入700
見本品費100

【貸方】
売  上900

(資料2)決算整理事項

(1)期末商品棚卸高200

(2)当期に見本品として得意先に提供した商品があるが、経理担当者は、見本品として提供した商品の売価で以下の処理を行っている。

(借)見本品費100 (貸)仕  入100

(解答)
(借)仕  入 20 (貸)見本品費 20
   仕  入200    繰越商品200
   繰越商品200    仕  入200



(許容勘定科目等)

仕訳の順序は問いません。

一行目の仕訳は、次のとおりでもかまいません。

(借)仕  入100 (貸)見本品費100
   見本品費 80    仕  入 80


(解説)

見本品として提供された商品がある場合には、「原価」で、仕入勘定から見本品費勘定へ振替える処理を行います。

(借)見本品費××× (貸)仕  入××× ←原価

本問では、売価で上記仕訳が行われているので、これを原価による仕訳に訂正する必要があります。

しかし、原価がわかりません。

この場合、原価率を算出して、その原価率を見本品の売価に乗じて、見本品の原価を算出する以外にありません。

いったん見本品を元に戻して考えるとよいかもしれません。

(借)仕  入100 (貸)見本品費100

この段階で、ボックス図を書くと、次のようになります。

   仕入(原価ベース)
期首 200  売原800
当期 800  期末200

ただし、見本品は、期末商品棚卸高には含まれていませんので、この場合の売上原価800には、見本品の原価が含まれてしまっています。

したがって、原価率を算出する場合には、売上原価800/(売上900+見本品売価100)=80%という計算をする必要があります。

見本品売価100×原価率80%=見本品原価80

この金額が正しい見本品原価であり、この金額で、見本品費80 仕入80とすべきだったということになります。


(関連記事)
他勘定振替高