(問題)

当社は単一の商品を取り扱う卸売業を営んでいる。

次の資料により決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)決算整理前残高試算表(単位:円)

【借方】
繰越商品100
仕  入800

【貸方】
売  上1,000

(資料2)決算整理事項等

1.期末商品帳簿棚卸高 20個 @10円

2.期末商品実地棚卸高 10個 @ 9円
なお、上記実地棚卸数量について、社内調査を行ったところ、一部店舗での倉庫ストック分5個が欠落していることが判明した。

3.当社は、商品の評価について、低価基準を採用している。

(解答)
仕  入100 繰越商品100
繰越商品200 仕  入200
棚卸減耗損50 繰越商品 65
商品評価損15



(許容勘定科目等)

棚卸減耗損→棚卸減耗費

商品評価損→商品低価(法)評価損等

なお、仕訳の順序は問わない。


(解説)
倉庫ストックの取扱いが問題かもしれないが、問題文から、帳簿棚卸高には含まれているものの、実地棚卸高に含まれていないことがわかります。

したがって、実施棚卸数量にそのまま含めればよいことになります。


(関連記事)
特になし