次に掲げる項目のうち、簿記上、現金勘定で処理するものの数を答えなさい。

答えは、書くのではなく、口頭で。

後ほど「記憶」と「解答」を照合してください。

では、時間をはかって、スタートです。





(問題)

(1)他人振出の小切手

(2)株式配当金領収証

(3)公社債の利札(期限到来分)

(4)郵便切手

(5)自己振出の小切手

(解答)
3個(1、2、3)


(判定)

10秒以内 → 日本一

20秒以内 → リーグ優勝

30秒以内 → リーグAクラス

30秒超   → リーグBクラス

間違えた方は、その項目について、もう一度、復習しましょう。


(解説)

簿記上、現金として処理されるものには、通貨(硬貨と紙幣)以外にも経済的にみて通貨と変らないものも含まれます。

他人振出の小切手、配当金領収証、公社債の利札等は現金勘定で処理されます。