(問題)

以下の資料から当期における決算整理仕訳を示しなさい。当社の会計期間は平成18年4月1日から平成19年3月31日までである。

なお、繰延資産計上が可能な項目については、繰延資産計上を行った上で定額法による減価償却を行うこととする。

(資料1)決算整理前残高試算表

【借方】

株式交付費60

開 発 費60

(資料2)決算整理事項等

(1)新株発行費60円は、当期の10月1日に支出したものである。

(2)開発費60円は、当期の10月1日に新市場の開拓目的で特別に支出したものである。

(解答)
(借)株式交付費償却10 (貸)株式交付費10
   開発費償却   6    開発費  6 



(許容勘定科目等)

特になし


(解説)

償却期間は、株式交付費が3年、社債発行費が償還期限、創立費、開業費、開発費が5年で、問題に指示がない場合は、月割計算が一般的です。



【関連記事】
繰延資産の償却期間