(問題)

次の資料により当社の当期(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)における決算修正仕訳を示しなさい。

なお、無形固定資産の償却にあたっては、制度上、認められる最長期間で償却を行うものとする。

(資料1)決算整理前残高試算表

【借方残高】

特許権80

のれん40

(資料2)決算整理事項

(1)特許権は、当期の10月1日に取得したものであり、8年間で償却する。

(2)のれんは、当期の10月1日に他企業を買収した際に計上したものであり、金額は適正額である。

(解答)
(借)特許権償却 5 (貸)特 許 権 5
   のれん償却 1 の れ ん 1



(許容勘定科目等)
特になし


(解説)

特許権償却80円÷8年×6月/12月=5円

のれん償却40円÷20年×6月/12月=1円

無形固定資産のうち償却期間に関する定めがあるのは、のれん(20年)です。

のれんだけが、他の無形固定資産と異なる取扱いになるので十分注意しましょう。



【関連記事】
無形固定資産の償却期間