【キャッシュ・フロー計算書の区分】

キャッシュ・フロー計算書の大きな柱をみておきましょう。

機 ̄超罰萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー

供‥蟷餝萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー

掘〆睫崖萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー

検仝酋盖擇啗酋眛嬰物の増加(減少額)

后仝酋盖擇啗酋眛嬰物の期首残高

此仝酋盖擇啗酋眛嬰物の期末残高


最初の三つの区分は、企業の活動内容に応じて、キャッシュ・フロー(現金の出入)を区別している部分です。

その合計が、「現金及び現金同等物の増加(減少額)です。

これに「現金及び現金同等物の期首残高」を加えて、「現金及び現金同等物の期末残高」になります。

この関係は、「期中増減」+「期首残高」=「期末残高」
という関係を並べただけです。



【現金勘定との関係】
現金勘定の記入とリンクさせてみると(もっとも正確にはリンクしません)、

      現  金
(1)期首残高 (3)期中減少
(2)期中増加 (4)期末残高

ですから、

(2−3)「期中増減」+(1)「期首残高」=(4)「期末残高」

になります。

一度はきっちり確認しておきましょう。



【関連記事】
資金の範囲と対象取引
キャッシュ・フロー計算書の区分
キャッシュ・フロー計算書の仕組み
キャッシュ・フロー計算書の基本的作成方法
間接法によるキャッシュ・フロー計算書の作成



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧