(問題)

当社は、かって当社の本社所在地内の遊休地に建物(倉庫)を新築するため、建設会社に対して工事代金700円の一部として200円を現金で支払っていたが、本日この新建物が完成し、引渡しを受けた。

工事代金のうち200円は小切手を振出し、残額はそれぞれ1ヶ月、2ヶ月及び3ヶ月を各支払期日とする約束手形3枚を振出して支払っている。

本日において必要な仕訳を示しなさい。

(解答)
(借)建  物700 (貸)建設仮勘定   200
               当座預金     200
               営業外支払手形300



(許容勘定科目等)

建設仮勘定→建設仮

営業外支払手形→固定資産(建物)建設支払手形等


(解説)
固定資産取得の前払金(前渡金)は、建設仮勘定(または建設仮)で処理します。

固定資産取得の手形債務は、支払手形勘定ではなく、営業外支払手形勘定で処理します。


(関連記事)
営業外支払手形