(問題)

以下の資料により、いずれの貸倒処理も適正に行われているものとした場合の雑収入勘定に関する決算修正仕訳を示しなさい。

(資料1)決算整理前残高試算表

【貸方】
貸倒引当金400
雑 収 入600

(資料2)雑収入勘定の内訳

(1)前期に発生した売掛金を当期に貸倒処理していたが、その回収額100円

(2)前々期に発生した売掛金を前期に貸倒処理していたが、その回収額200円

(3)当期に発生した売掛金を当期に貸倒処理していたが、その回収額300円

(解答)
(借)雑収入600  (貸)貸倒引当金   100
               償却債権取立益200
               貸倒損失     300


(許容勘定科目)
償却債権取立益→償却済債権取立益
貸倒損失→貸倒償却(貸倒損失が一般的です)


(解説)
(1)当期に発生した債権が貸倒れになった場合には、貸倒損失勘定で処理します。
この債権が回収された場合の貸方科目は「貸倒損失」勘定です。

(2)前期に発生した債権が当期に貸倒れになった場合には、貸倒引当金があればこれを充当する必要があります。

したがって、これが当期に回収された場合の貸方科目は、「貸倒引当金」勘定です。

(3)前期以前に貸倒処理されていた債権が回収された場合には、「償却(済)債権取立益」勘定で処理します。

本問では、資料の順序(前期→前々期→当期)に注意しましょう。


(関連記事)
償却債権の取立て