【完成度換算法】
商的工業簿記における期末仕掛品の評価方法の一つに完成度換算法があります。

基本的な考え方をみておきましょう。

まずは、大きな理解として仕掛品の話です。

仕掛品は、文字どおり、仕掛かっている(製造途中の)製品の原価です。

ボックス図で整理するなら、

         仕 掛 品
(1)期首仕掛品棚卸高 (4)当期製品製造原価
(2)当期総製造費用  (3)期末仕掛品棚卸高

という感じになります(って、図じゃないよな)。

この関係は、商品なんかと同じで、

(1)期首に仕掛かっていて、
(2)当期にこんだけ造りはじめて、
(3)期末がこんだけだったら、
(4)当期はこんだけできた

という関係を示しています。

(1)こんだけあって、(2)こんだけ増えて、(3)こんだけ残ってたら、(4)こんだけ減った(完成した)という関係です。

ってくどいですが(講師のサガです)、商品や製品、材料なんかでも同じです。

ポイントは、(1)期首と(2)当期のコストがでてるので、(3)期末をだせば、(4)完成品のコストがわかります(って、同じか)。



【完成度換算法の基本的な考え方】

基本的な考え方は、按分といってよいでしょう。

例えば当期の製造活動に600円のコストがかかった。

期首・期末の仕掛品がなく、6個の製品が完成した。

1個あたり100円の製品です。

600円/6個=100円
100円×6個=600円 が完成品です(って、あたりまえか)。

期末の仕掛品を加えましょう。

当期の製造活動に600円のコスト(便宜上加工費のみとする)がかかった。

期首仕掛品はなく、5個の製品が完成し、2個はつくりかけだった(仕掛品)。

加工進捗度(原価ベースでみた作業の進行割合)は、50%です。

このケースだと暗算でもいけるでしょう。

600円÷(5個+2個×50%)=100円(1個あたり)

100円×2個×50%=100円(期末仕掛品)

600円−100円=500円(完成品原価)

もちろん、

600円×(2個×50%)/(5個+2個×50%)=100(期末仕掛品)

でもよいです。

ここまでの理解があれば、評価方法(平均法、先入先出法等)もさほど遠くはないと思います。



<テキスト記事一覧>
商的工業簿記の意味
原価要素
完成度換算法の基本的考え方
平均法


税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧