(問題)

本日、かねて売買契約を交わしていた本社建設用地の引渡しを受けた。

代金500円のうち200円は、現金にて支払い、残額のうち200円は、3ケ月後を支払期日とする約束手形を振出して支払い、100円については翌月に支払うこととなっている。

本日に行うべき仕訳を示しなさい。

(解答)
(借)土地500 (貸)現   金     200
             営業外支払手形200
             未 払 金    100



(許容勘定科目)

現金→現金預金

営業外支払手形→土地購入支払手形、固定資産購入支払手形


(解説)
支払手形勘定は、「主たる営業取引から生じた債務」をあらわす勘定科目であり、商品販売業の場合は、商品の仕入(掛代金の決済)時のみに使用します。

使用目的(本問では、本社敷地)の固定資産を取得した場合には、営業外支払手形勘定を使用します。

営業外支払手形勘定は、固定資産(土地)購入支払手形でもよいが、貸借対照表の表示科目は、営業外支払手形です。


(関連記事)
営業外支払手形