【戻入の処理】

原価80 売価100 支払回数5回

引渡時:(借)割賦売掛金100 (貸)割賦売上 100
回収時:(借)現金預金  20 (貸)割賦売掛金 20

上記のような事例で、未実現利益控除法による決算整理は、

決算時:(借)繰延割賦売上利益控除16 (貸)繰延割賦売上利益16

でした。

未実現利益控除法では、割賦売掛金の未回収残高に利益率を乗じて、利益の控除額を算出しますが、この翌期の処理はどうなるでしょうか。

回収時:(借)現金預金  80 (貸)割賦売掛金 80

このままの状態(利益を調整しない)で損益計算書を作成ても、利益は「ゼロ」です。

しかし、回収基準は代金回収分の収益を計上する方法なので、80円×0.2=16円の利益を計上しなければおかしいでしょう。

つまり、回収部分の利益(回収額×利益率)を利益に加算すればよいことになります。

決算時:(借)繰延割賦売上利益16 (貸)繰延割賦売上利益戻入16

※回収した割賦売掛金×利益率=繰延売上利益戻入


【まとめ】
戻入=割賦売掛金の期中回収額×利益率
控除=割賦売掛金の期末残額 ×利益率


【関連記事】
割賦販売の収益認識基準
対照勘定法
未実現利益控除法
ボックス図による整理
貸倒れの処理・未実現利益控除法
貸倒れの処理・対照勘定法



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧