「税理士試験 簿記論 基礎問題」のご案内

本日から、ほぼ毎日、仕訳問題を一問お送りいたします。

復習にお役立てください。

出題は、今のところ春先あたりまでを予定しています。


(出題形式)
基本的に電卓、筆記用具を用いないで解ける問題を用意しました。

そのため金額は、故意に小さくしてあります。

重要性の原則は考慮しないで下さい(例えば、金額の少額な固定資産を購入した場合でも、費用計上しない)。

金額が気になるようであれば、万円単位等に適宜読み替えてください。

もちろん、本試験は電卓、ペンを用いて行う訳ですから、そのような問題(特に時間をはかった総合問題)演習は、別途、必ず行ってください。


(出題範囲)
出題は、あくまでも税理士試験の簿記論受験者(日商二級までの範囲の学習終了者)を想定しています。

実際の試験でも日商二・三級までの知識はとても重要ですが、日商二・三級までの出題が予想される項目の出題は多くありませんので、日商二級までの範囲の未修了者の方は、そちらの学習を優先してください。


(出題意図とそのための工夫−知識の確認)
単純な仕訳問題ですが、目的は、単に解答を導くということではなく、知識の確認にあります。

そのためにやや長めの解説を付しましたので、ご一読いただければ幸いです。

普段の学習でも問題を解いた後に一般的なテキストに戻って確認するのは、とても大事です。

そのような地味な努力が応用力につながっていきます。

そのため、関連事項を記載した日記にいけるようにしておきました。

具体的な問題の解説ではない一般的な記述が、具体的な問題と頭の中でつながるようになればしめたものです。

問題を解いた後にぜひ御一読ください。


(出題意図とそのための工夫−問題文)
実際の試験の文章が読みにくいという話をよく聞きます。

理由はいろいろあると思いますが、これに対処するために問題文は、通常の問題集よりも凝ったものにしました。

また、必ずしも文章表現等を統一していません。


(許容勘定科目等)
解答に関して許容勘定科目を付しましたが、これはあくまでも皆さんが行った仕訳が正解かどうかを判断するためのもので、許容勘定科目そのものを覚えなければならない訳ではありません。

仕訳で使用する勘定科目は、税理士試験関連の書籍等で比較的多く用いられているものを使用するようにしています。


(ご質問等の受付)
問題に関するご質問等がございましたら、匿名でかまいませんので、過去の問題であっても該当する問題のコメント欄にお願いいたします。