【剰余金の処分の会計処理】

設立第1期 純利益100 配当40
設立第2期 純利益100 配当40

定時株主総会で剰余金を処分する前提で仕訳処理を示しましょう。

なお、利益準備金の積立は無視します。

第1期
(決算時)損     益100 繰越利益剰余金100

第2期
(総会時)繰越利益剰余金 40 未払配当金   40
(決算時)損     益100 繰越利益剰余金100

第3期
(総会時)繰越利益剰余金 40 未払配当金   40



【関連記事】
剰余金の処分の会計処理
(※)二勘定制採用の理由
(※)損益計算書の末尾
利益準備金
中間配当
任意積立金



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧