【割賦販売の収益認識基準】

収益の「認識」は、収益を「いつ」計上するかを意味します。

要は、

(借)売掛金××× (貸)売 上×××

という仕訳をいつ行うかです。

割賦販売は、代金の回収が分割・長期の販売形態です。

商品販売の基本的な収益認識の時期(タイミング)は、販売(引渡)時点です。

しかし、割賦販売の特殊性を考慮し、その時期を代金の回収時点で行えます。

このような収益認識の基準が「回収基準」です。

また、回収時点ではなく、回収期限の到来時点で収益を認識する基準を「回収期限到来基準」といいます(両者をあわせて割賦基準ともいいます)。

細かい話ですが、回収基準(回収期限到来基準)を採用している場合の手形回収では、収益を認識しません(これはケースとしてないと思いますが)。

また、回収期限到来基準の採用時にも現金入金があれば、収益を認識します。

収益の認識を慎重に行うための基準ですから、現金入金があっても収益を認識しないということはありません。




【関連記事】
対照勘定法
未実現利益控除法
未実現利益控除法・戻入
ボックス図による整理
貸倒れの処理・未実現利益控除法
貸倒れの処理・対照勘定法



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧