ペンについての私のこだわりは、まるでありません。

税理士試験でも税法の理論あたりでは、ペンの選択は、意味を持つかもしれませんが、簿記論では、要は何でもいいと思います。


実際の試験は、黒又は青のペン(修正液等はダメ)なので、普段から鉛筆ではなく、ペンを使う習慣は身につけたいところです。

ただ、問題集に直書きでは、二度解きができないので、微妙な話ではありますが。

独学の方は、時々、時間をはかって「ペン」で問題を解くようにした方がよいでしょう。


私は、税法も4色ボールペンで全てをこなしていました(少数派)。

というか単になんじゃかじゃと持ち歩くのが面倒だったのですが。

いま、急に思い出したが、そういえば青で書いていました。

問題を解く際に、マークをするのも青で、答えを書くのも青でした。

普段のテキスト等には赤でマークをして、間違い箇所(ノートは残念ながらつけていませんでした)を緑でマークしたり、記入していました。

余った黒を日常で使っていました(なんと合理的、か?)。