棚卸減耗損(費)は、無くなってしまった部分、商品評価損は、時価の下落部分です。



【棚卸減耗費(損)】

例えば、1個10円の商品が、帳簿(商品有高帳)上は10個ある筈なのに、実際には(実地棚卸高)9個しかなかったとします。

1個×10円=10円 が棚卸減耗損になります。

勘定科目としては、原価性の有無等により、「棚卸減耗費」と「棚卸減耗損」を使い分ける場合もあります。

簿記論での出題は、表示をさほど意識しなくてよいので、どちらかを一括で使う場合が多いでしょう。



【商品評価損】

上記の続きで、その商品の時価が9円であった場合は、商品評価損は、9個×(10円−9円)=9円と計算されます。

実際に存在しない商品に、時価の下落は関係ないので、実地棚卸高に下落した時価をかけるのがポイントです。

勘定科目は、実に様々ですが、意味が通じさえすればよいです。



【商品評価損の表示】

商品評価損については、その原因の違いは考慮しません。

商品評価損は、原則として売上原価とします。

ただし、臨時、かつ、多額な場合(災害等)は、特別損失です。



【関連記事】
原価率・利益率、付加率
他勘定振替高
払出単価の決定方法
売価還元法
売価還元法における値上と値下
仕入諸掛



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧