【売掛金と未収金】

資産の売却に話を限定すれば、商品の売却代金の未収は「売掛金勘定」で処理します。

有形固定資産を売却した場合の未収は「未収金勘定」で処理します。

同様に土地を売却した場合でも、販売目的で所有する土地の未収は「売掛金勘定」で処理し、使用目的で所有する土地の未収は「未収金勘定」で処理します。

売掛金 → 商品販売代金等の未収
未収金 → 固定資産譲渡代金等の未収



【売掛金と立替金】
簿記論ではさほどお目にかかりませんが、得意先(売掛先)に対する費用の立替えも売掛金勘定で処理することも多いようです。

簿記の基本原理からいえば、立替金でしょう。

しかし、請求(請求書や補助簿)のことを考えれば、売掛金に含めてしまった方が便利といった所でしょうか。

日商での過去の出題をみると、売掛金に含める処理を軸に考えているようです。



【売掛金・買掛金のマイナス残高】
売掛金残が、相手先別にみて、貸方残である場合は、前受金勘定で処理します。

また、買掛金残が、相手先別にみて、借方残である場合は、前渡金(前払金)勘定で処理します。

具体的な仕訳で考えてみましょう。

(売掛金の貸方残の場合の決算整理仕訳)

(借)売掛金××× (貸)前受金×××

(買掛金の借方残の場合の決算整理仕訳)

(借)前渡金××× (貸)買掛金×××



【関連記事】
営業外支払手形



債権債務・手形<目次>