【未取付小切手】

「未取付小切手」とは、小切手を振出し、相手先に交付したものの、未だ当座預金口座から引落がないケースをいいます。

売上代金として先方から受取った「手持ち」の小切手、これがまさに相手先(支払側)にとっての未取付小切手です。

先方は、売上代金として小切手を振出していますので、


(借)費  用××× (貸)当座預金×××


という仕訳をきっているでしょう。

しかし、その小切手は受取った当方にあるので、当座預金口座から実際に引落とされていません。

これが「未取付小切手」です。

企業側では、特に処理は要しません(銀行残からはマイナス)。



【未取立小切手とは】
「未取立小切手」とは、受け取った小切手を金融機関に持ち込んだもののいまだ取立(当社の当座預金口座への入金)が行われていないケースをいいます。

先の例でいえば、私の側(受取側)では、他人振出の小切手を受取り、銀行に持込んだ段階で、


(借)現金預金 ××× (貸)売  上×××


という仕訳をきります。

ただ、この分の預金をすぐに引出せるかというとそうではありません。

実際には、数日かかります。

この間に銀行の残高証明書を取れば、その分が残高証明の金額には反映されません。

これが未取立小切手です。

企業側では、特に処理は要しません(銀行残にプラス)。

一文字の違いで、その内容は異なります。

言葉よりも、内容を理解しましょう。



(関連記事)
銀行勘定調整表
銀行勘定調整表の作成方法
銀行勘定調整表の摘要欄



現金預金<目次>

テキスト記事一覧