【売上原価の意味】

売上原価とは、商業でいえば、「売れた商品を買った値段」です。

具体的には、「期首商品棚卸高+当期商品仕入高−期末商品棚卸高」で計算されます。

三分割法では、商品の仕入段階で費用(仕入)計上しているのみなので、決算整理を要します。

原価率の算定等でもいわゆるボックス図を書くことは多いでしょう。

この図と勘定記入、上記算式、決算整理が頭の中でリンクしているかを確認しておく必要があります。

売上原価の意味は、極めて重要です。

単に、決算整理仕訳ができればよいという訳ではありません。

では、何が重要なのかを一言で言い尽くすことを求めてはいけません。

一言で納得してしまう事で逆に見えなくなることは小さくはないでしょう。

なお、決算整理前の仕入勘定残は、当期の純仕入を意味し、決算整理後の仕入勘定残は、売上原価を意味しています。

わかっているつもりでも決算整理後の仕入勘定に当期純仕入高を書いてしまうミスをおかしやすいので充分注意しましょう。



【関連記事】
商品勘定の処理
払出単価の決定方法
期末商品棚卸高



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧