【返品・値引・割戻・割引の意義】

極めて基本的事項ですが、細心の注意を払うべきです。

いずれも仕入ないしは売上代金の減額ですが、簡単な内容はおさえましょう。

(意義)
返品……取引の取消
値引……キズ等
割戻……量
割引……期間


【返品・値引・割戻・割引の取扱い】

「返品・値引・割戻」は仕入・売上の控除項目です。

「割引」は、利息の性格を有するものとして仕入割引(営業外収益)、売上割引(営業外費用)とされます。

(取扱い)
返品、値引・割戻……売上・仕入から控除
割引……………………営業外収益(仕入割引)、営業外費用(売上割引)


【原価率算定上の取扱い】
(取扱い)
売上返品……売上から控除
売上値引……売上から控除しない(控除してあれば加算)
売上割戻…… 同上
売上割引……影響しない
仕入返品……仕入から控除
仕入値引…… 同上
仕入割戻…… 同上
仕入割引……影響しない


【売上値引・割戻を控除しない理由】

原価率の算定上の取扱いは、返品、割引はそれぞれ会計処理と同一ですが、値引・割戻の取扱いが異なります。

仕入値引・割戻は、会計処理と同一です。

しかし、売上値引・割戻は、これを控除しないで原価率を算出する必要があります。

これは簿記の出題(推定簿記一般)で出さなければならない原価率が「当初の原価率」(予定原価率)のためだからです。

(例)原価80円の商品を100円で販売

もちろん想定される原価率は80%です。

その後に5円の売上値引を行ったとしましょう。

仕訳処理を並べれば、次のようになります。

(借)仕 入 80 (貸)買掛金 80
(借)売掛金100 (貸)売 上100
(借)売 上  5 (貸)売掛金  5

この段階での売上勘定残は、95円で、仕入勘定残(=売上原価)は80円です。

通常は、問題自体がここからスタートします。

ここから当初の原価率80%を出すには、

売上原価80÷(売上95+売上値引5)=80%

という計算をしなければなりません。

売上値引・割戻が、原価率算定上、加算されることの意味をしっかり確認しておきましょう。



【関連記事】
売上原価の意味
商品勘定の処理
分記法
総記法(※)
総記法の決算整理(※)
売上原価対立(計上)法と二分法



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧