【無形固定資産】

固定資産のメインは、使用目的の資産です。

そのうち、実体のない(無形)の資産が「無形固定資産」です。

無形固定資産には、(1)法的な権利(特許権、商標権等)、(2)のれん、(3)ソフトウェアがあります。

昔は、無形固定資産といえば、必ず〜権と、最後に「権」がついたんでわかりやすかったです。

今は、これに「のれん」と「ソフトウェア」が加わっているのでうまいこと整理ができないのが残念です。



【償却期間】

のれんは、20年以内で定額法等により償却します。

その他の法的な権利に関しては、指示された償却期間で、通常、月割償却を行います。

「期割」と「月割」の使い分けは、問題の指示を最優先すべきです。

減価償却同様に月割計算が多いです。

問題の指示がない場合は月割計算でいきましょう。

ソフトウェアについては、別途触れます。



【関連記事】
ソフトウェアの会計処理



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧