【簿記一巡の手続の重要性】

簿記一巡の手続は重要です。

個別項目の理解の段階では、そのことはさほど感じないかもしれません。

しかし、特に総合問題を解く段階で、意識していないとつらいです。

総合問題対策として、とにかく入れてしまう(記憶する)のも手でしょう。

とにかく重要です。



【簿記一巡の手続】
大まかな簿記一巡の流れは、次のとおりです。


(1)開始手続 → (2)期中手続 →(3)決算手続(決算整理+決算振替)


【簿記一巡と試算表】

簿記一巡の手続の流れの中で作成される「試算表」の位置付けは特に重要です。

試算表は、勘定科目の残高や合計の集計表です。

資料として与えられることも多く、その数値の意味を正確に把握しないと処理ができも、きちんと解答できません。


期首試算表(前期繰越試算表)→(1)開始 →(2)期中 →

決算整理前試算表 → (3)決算(整理) →

決算整理後試算表


問題で与えられた資料の解答要求をよく確認しましょう。


【関連記事】
簿記一巡の手続考
勘定科目と表示科目
再振替仕訳


簿記一巡目次

税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧