税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

「税理士試験 簿記論 講師日記」ご案内

【講座】出題予想 簿記論 財務諸表論 超短答問題 テキスト記事一覧 会計基準を読もう!

【問題】簿記論:○× 三択 基礎 基準 構造 上級 細目 実務家
財務諸表論:○×問題 基本問題 超短答問題
簿記検定:3級・基本 応用 2級・商簿 工簿 1級(○×)(1) (2)

【掲示板】ゲストブック なんでも掲示板
税理士試験:簿記論 過去ログ(1) (2) (3) 財務諸表論・理論
簿記検定:1級(商簿会計) 2級(商簿) 2級(工簿) 3級

【その他】私の合格体験記 簿記入門 ファイナル・チェック ポイント集 過去問へのアプローチ 分野別出題傾向と対策 過去出題傾向と対策 どこまでをやるか? 講師も教えて欲しい! 他資格・検定との関係 勉強方法 問題の解き方 小道具 許容勘定科目の話 勉強以外にできること 雑文 告知・更新情報 新しい簿記の話 軽めの簿記の話 簿記と財務諸表論の話 財務諸表論 本のご紹介

【テキスト】
(1)個別論点 簿記一巡 現金預金 債権債務・手形 引当金 有価証券 有形固定資産 圧縮記帳 無形・繰延資産 商品勘定の処理 商品販売 割賦販売 試用販売 委託・受託販売 その他の特売 社債 純資産 剰余金の処分 自己株式・準備金 新株予約権・付社債 租税 税効果会計 退職給付会計 研究開発費・ソフトウェア リース会計 外貨建取引 デリバティブ・ヘッジ会計 減損会計
(2)構造論点 推定簿記 商的工業簿記 本支店会計 本社工場会計 建設業会計 伝票会計 単一仕訳帳 特殊仕訳帳 CF計算書 企業結合等 連結財務諸表

会計人コース11月号発売!

会計人コース11月号、発売されましたね。

「習慣化のススメ」がテーマです。

いや久しぶり。

勉強のお供にどうぞ。


令和元年度(第69回)税理士試験出題のポイント

出題のポイント出ました。

受験予定の科目はぜひご覧ください。



令和元年度(第69回)税理士試験出題のポイント

令和元年度(第69回) 税理士試験試験問題、答案用紙及び正誤表

今年の税理士試験の問題です。

できるできないにかかわらず、ご自分の受験なさる科目の問題を見るのは必須です。

ぜひ、ご覧ください。


令和元年度(第69回) 税理士試験試験問題、答案用紙及び正誤表


収益認識基準入門(完)

「収益認識基準入門」と題して新しい収益認識基準を探ってきました。

最後にこれまで取り上げた内容を振り返っておきましょう。
続きを読む

収益認識基準入門(その9)代理人取引とポイント付販売

収益認識基準における収益認識は、次の5つのステップで行われます。

契約を識別し、そこから履行義務を識別して、全体の取引価格を算定し、これを履行義務に配分して、収益を認識する。

こんな流れを簡単な事例とともに想定できるとよいでしょう。

ざっくりとした流れがイマイチという方は次の記事をどうぞ(前回・前々回と同じです)。

続・収益認識基準入門の入門

今回は、「代理人取引」と「ポイント付販売」というやや雑多な論点を考えておきましょう。

続きを読む

会計法規集(第11版)

会計法規集(第11版)発売されました。

新しいところでは「時価の算定に関する会計基準」かしら。

まだお手持ちでないかたはどうぞ。


概念フレームワークを読もう!

<概念フレームワークの概要>
読むべきところ
資産概念
負債・純資産、株主資本

前文
概念フレームワークの役割
会計基準を取り巻く環境
概念フレームワークと会計基準
概念フレームワークの構成

第1章
財務報告の目的
ディスクロージャー制度と財務報告の目的
会計基準の役割
ディスクロージャー制度における各当事者の役割
会計情報の副次的な利用

第2章
会計情報の質的特性
意思決定有用性
意思決定との関連性
信頼性
特性間の関係
内的整合性
比較可能性

第3章
財務諸表の構成要素
財務諸表の役割とその構成要素
財務報告の目的による制約
資産
負債
純資産
株主資本
包括利益
純利益
包括利益と純利益の関係
包括利益と純利益の並存
投資のリスクからの解放
収益
費用
収益と費用の定義

第4章
財務諸表における認識と測定
認識および測定の意義
認識の契機
認識に求められる蓋然性
取得原価の定義
取得原価の意味
市場価格の定義と分類
購買市場と売却市場とが区別されない場合
再調達原価
正味実現可能価額
割引価値
利用価値
市場価格を推定するための割引価値
将来キャッシュフローのみを継続的に見積り直した割引価値
入金予定額
被投資企業の純資産額に基づく額
支払予定額
現金受入額
負債の割引価値・市場価格
交換に着目した収益の測定
契約の部分的な履行に着目した収益の認識
被投資企業の経済成果に着目した収益の認識
交換に着目した費用の認識
市場価格の変動に着目した費用の認識
契約の部分的な履行に着目した費用の認識
利用の事実に着目した費用の認識

収益認識基準入門(その8)割賦基準の廃止

「収益認識基準」における収益認識は、〃戚鵑鮗永未掘↓△修海ら履行義務を識別し、A澗里亮莪価格を算定して、い海譴鰺行義務に配分し、ゼ益を認識するというステップで行います。

ざっくりとした流れがイマイチという方は次の記事をどうぞ(前回と同じです)。

続・収益認識基準入門の入門

今回は、割賦販売における収益認識の特例である「回収基準」や「回収期限到来基準」の廃止を考えてみましょう。

続きを読む

収益認識基準入門(その7)検収基準の原則化

収益認識基準における収益認識は、次の5つのステップで行います。

(1)契約の識別⇒(2)履行義務の識別⇒(3)取引価格の算定⇒(2)への(3)の配分⇒(5)収益認識

ざっくりとした流れがイマイチという方は次の記事をどうぞ。

続・収益認識基準入門の入門


このような5つのステップを前提にいくつかの会計処理等を考えておきましょう。
続きを読む
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
プロフィール

暮木孝司

記事検索
携帯用バーコード
QRコード
リンク
     税理士試験 簿記論 講師日記は、Yahoo!JAPAN登録サイトです       bokironkousiをフォローしましょう         
スポンサード・リンク
bokironkousiをフォローしましょう