税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

「税理士試験 簿記論 講師日記」ご案内

【講座】出題予想 簿記論 財務諸表論 超短答問題 テキスト記事一覧 会計基準を読もう!

【問題】簿記論:○× 三択 基礎 基準 構造 上級 細目 実務家
財務諸表論:○×問題 基本問題 超短答問題
簿記検定:3級・基本 応用 2級・商簿 工簿 1級(○×)(1) (2)

【掲示板】ゲストブック なんでも掲示板
税理士試験:簿記論 過去ログ(1) (2) (3) 財務諸表論・理論
簿記検定:1級(商簿会計) 2級(商簿) 2級(工簿) 3級

【その他】私の合格体験記 簿記入門 ファイナル・チェック ポイント集 過去問へのアプローチ 分野別出題傾向と対策 過去出題傾向と対策 どこまでをやるか? 講師も教えて欲しい! 他資格・検定との関係 勉強方法 問題の解き方 小道具 許容勘定科目の話 勉強以外にできること 雑文 告知・更新情報 新しい簿記の話 軽めの簿記の話 簿記と財務諸表論の話 財務諸表論 本のご紹介

【テキスト】
(1)個別論点 簿記一巡 現金預金 債権債務・手形 引当金 有価証券 有形固定資産 圧縮記帳 無形・繰延資産 商品勘定の処理 商品販売 割賦販売 試用販売 委託・受託販売 その他の特売 社債 純資産 剰余金の処分 自己株式・準備金 新株予約権・付社債 租税 税効果会計 退職給付会計 研究開発費・ソフトウェア リース会計 外貨建取引 デリバティブ・ヘッジ会計 減損会計
(2)構造論点 推定簿記 商的工業簿記 本支店会計 本社工場会計 建設業会計 伝票会計 単一仕訳帳 特殊仕訳帳 CF計算書 企業結合等 連結財務諸表

【問題】リサイクリングの必要性

【選択問題】国際的な会計基準では、包括利益の開示に関連して一部の項目のリサイクリング(組替調整)をしない処理を認めています。次のうちリサイクリングをしない場合の記述として明らに誤っているものはどれか?

【記述問題】その解答以外の選択肢を踏まえてリサイクリングの必要性を述べなさい。

1.包括利益が二重に計上される

2.クリーン・サープラス関係が成立しない

3.一致の原則(期間利益合計と全体利益の一致)に反する
続きを読む

【問題】償却原価法の特徴

次の4つの項目における償却原価法の適用に関して「金融商品に関する会計基準」及び「金融商品会計に関する実務指針」で他とは明らかに異なる規定の仕方をしている項目を選びなさい。また、その規定が他とは異なるのはなぜかその理由を述べなさい。

1.債権に対する償却原価法

2.満期保有目的の債券に対する償却原価法

3.その他有価証券に対する償却原価法

4.社債に対する償却原価法

続きを読む

【問題】付随費用の取扱いの解答と解説

【問題】次の支払手数料に対する会計処理のうちその狙いが他と違うのはどれか?

また、貴方が選んだ番号以外の支払手数料に対する会計処理の狙いは何か?

1.商品を仕入れる際の支払手数料

2.店舗を購入する際の支払手数料

3.自己株式を購入する際の支払手数料

4.売買目的有価証券を購入する際の支払手数料

続きを読む

低額譲受により取得した固定資産に時価を付す理由

【概要】
固定資産の取得原価の規定には、購入⇒購入代価、贈与⇒時価があります。

固定資産の低額譲渡(譲受)を受けた場合には、時価で取引が行われ、一部贈与を受けたとみるべきでしょう。

贈与時に時価をとり、対価が1円なら1円が取得原価では明らかに不合理であり、低額譲受の場合には、時価を取得原価とすべきです。

続きを読む

税理士試験の結果発表

令和元年(第69回)税理士試験の結果が発表されました。

簿記論と財務諸表論は、高いですね。

各科目の合格率は次のとおりです。

【科目別合格率】
簿記論17.4%
財務諸表論18.9%
所得税法12.8%
法人税法14.7%
相続税法11.7%
消費税法11.9%
酒税法12.4%
国税徴収法12.7%
住民税19.0%
事業税14.8%
固定資産税14.9%


詳しくは国税庁のホームページをご参照ください。





令和2年公認会計士試験第I回短答式試験の試験問題 及び答案用紙について

令和元年12月8日に行われた公認会計士試験の短答式試験の問題です。

財務会計論が参考になりますね。

第1問は、第1回!の税理士試験でも出題のあった重要性の原則でした。

簿記論や財務諸表論を受験の方もぜひどうぞ。





『会計人コースweb』のご紹介

12月2日に『会計人コースweb』オープンしましたね。

受験生、必見です。

早速、今日も更新されているようです。

まずは、「編集部が考えている10のこと=編集方針をお伝えします!」という記事からでしょうか。

ぜひ、一度、ご覧くださいませ。

会計人コースweb

2019年度(第69回)税理士試験『出題のポイント』について

2019年度(第69回)税理士試験『出題のポイント』について

国税庁から公表された「出題のポイント」を踏まえた学習アドバイス動画です。

受験した科目の傾向の変化を見逃していませんか?

実際の出題者が書いた出題のポイントは、翌年以後に目指すべき学習のヒントの宝庫です。

受験した(受験予定の)科目をぜひご覧ください!


簿記論

財務諸表論

消費税法

法人税法

相続税法

概念フレームワークの読み上げ動画のご紹介

本年の試験にもかなり大胆に出題された概念フレームワーク。

その読み上げ動画のご紹介です。

よく学習する資産の定義等は第3章ですが、今年の本試験で出題されたのは、3か所とも第4章からでした。

財務会計の根幹にかかわる出題だっただけに来年も引き続き、同傾向の出題が予想されます。

やや抽象度の高い第1章・第2章は軽めに第3章と第4章を重点的にというのも手かもしれないですね。

骨はありますがどうぞ。


以下、章ごとです。

前文

第1章 財務報告の目的

第2章 会計情報の質的特性

第3章 財務諸表の構成要素

第4章 財務諸表における認識と測定


オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
プロフィール

暮木孝司

記事検索
携帯用バーコード
QRコード
リンク
     税理士試験 簿記論 講師日記は、Yahoo!JAPAN登録サイトです       bokironkousiをフォローしましょう          
bokironkousiをフォローしましょう
スポンサードリンク